FC2ブログ


+ Le tiRoir +

ケイ素(テラヘルツ)商品やハンドメイドのお品物を扱っています  手作りのお洋服や小物たち・・・。ショップと日々の雑記帳
 雪が降ってぽかぽかで
 2020年03月15日 (日) 16:57:46

昨日は朝から雪が降りはじめ
午後には雨に変わりグズグズのお天気でしたが
今日はぽかぽか陽気

都内では桜も咲いたようですが

我が家は梅が一つ開きました^^

IMG_0407.jpg

IMG_0402.jpg

昨日の雪でお山も真っ白

IMG_0412.jpg

IMG_0408.jpg

IMG_0416.jpg

植木鉢で室内に避難中のクレメンタイン 可愛い花が咲いてます

IMG_0404.jpg

IMG_0403.jpg

ニンニクちゃんは上手く冬を越せたようです。
(年明けに何者かに葉っぱを半分ほど齧られたのです。鹿かなぁ)

IMG_0417.jpg







◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

販売サイト

http://letiroir22.com/


商品に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 3.11
 2020年03月11日 (水) 16:53:36

9年 経ったのですね。

その間に 日本はよくなったのでしょうか・・・

考えると今年の中学卒業生の皆さんは
幼稚園 保育園の卒園式の直前の地震で
うちの子の通っていた幼稚園でも 卒園式はどうにか行われたけど
謝恩会などは軒並み中止

中学の卒業式もこんな状態で

成人式も3学年合同で行われる年になるのよね


今政府の対応も納得できるものではなく
どさくさに紛れて とんでもない法案色々進めてるし

学校が無くて時間がある子供たち

みんなで国会中継見た方がいいよ!!

偉そうに威張りくさってる大人たちが
どんなにいい加減な国会 運営してるのか
よく見ときなさい!

子供たちがいっぱい見てるってわかったら
あんな答弁できないと思うんだけどなぁ
何教えられて育ったら あれで恥ずかしくないんだろうか



駒ヶ嶽神社へ行ったら

IMG_0397.jpg

大好きな 大好きな 尾白川が・・・

IMG_0399.jpg

なんでこんなことするのかなぁ

どうせ大雨で流されちゃうだろうに
ここにあった大きな岩たちはどこに行っちゃったのだろう


この子は毎朝 7時過ぎに
我が物顔で雄たけびをあげるコです(笑)

いやいや そこ縄張りにしちゃいかんから

IMG_0395.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

販売サイト

http://letiroir22.com/


商品に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 稲の多年草化栽培 in 小淵沢
 2020年02月16日 (日) 00:05:48

今日は朝から バタバタで 電話しっぱなし
ちょっと落ち着いたので何気なく みつろうさんのブログ覗いたら
なんだか面白そうなこと書いてあって
よくよく読み進めると



今日?

小淵沢?

なに? 行けってことよね。

と 勝手に解釈し

出向きました。

不耕起・冬期湛水の米作りは新次元へ
稲の多年草化栽培
講師 小川 誠 氏


会場に入ると 知ってるお顔がちらほらと。。。
前の席には ハニーさん(笑)



いやいや。。。。
前からぼーっと考えてたことなのよね~
稲刈り終わった田んぼで 枯れてるの?って状態なのに
そこから 青々とした新芽出てきて 場合によっては穂までつけてる稲
良く見かけてたの。
このまま冬越せないのかなぁ?
でもススキも完全に枯れたような状況から また 大きな株に育つしなぁ。

そこで考えが止まってましたわ^^;
そこが凡人なんだな

今日の話を伺ってるうちに

やっぱり縄文の時代から 米食べてたんじゃん!!
狩猟採集 の 採集には
米も入ってるわ!
水辺に自生してるのを刈り取ってたんじゃない?
と妄想が確信に変わっていく~


DSC05970.jpg

耕すのか 耕さないのか・・・
ここは まだ自分の中で確信が持てない。
畑と稲作の違いも少しはあるだろうし
今年も実験継続

アメリカでは不耕起栽培が増えてきているらしい
が、 その理由も様々
遺伝子組み換えにより 耕さなくても他の植物だけ枯らすこともできるから
ただ楽な方法に流れているだけ? ま、 土は死んでいくわな

根が土壌を守っていくから流出を防げる
これは 大きいと思う

DSC05971 (1)

湧水なら水温もそこそこ高いし
動きがあるから凍りにくいだろうし
モグラが穴ほると水が抜けてしまうからダメ

いろんな要因で成功するかが分かれる

DSC05972.jpg

DSC05973 (1)

DSC05974 (1)

いっきに刈り取るのではなく抜穂する・・・ すごいな

DSC05975 (1)

楽しみながら収穫するか 未熟なものもあるのを承知で一気に刈り取るか

DSC05976 (1)

多年草化 = 自然栽培の基本 一気には芽吹かない

だから全滅しない。

一気に収穫出来ない。

基本にかえった~~~^^

DSC05977 (1)

DSC05978 (1)


この栽培方法 よく考えると
障害になるのは 全部 

今の状況だと

まず、収穫時期になっても田んぼに水引くなんて 通常無理だし
そんなやり方無理に決まってる!! とフツウという考え押し付けてくるの
目に見えてるし

畑でも草生えてるだけで文句言ってくるオヤジいるのに
田んぼ。。。

湧き水の使える いい場所見つけて開墾するしかないじゃん!
というのが素直な感想。
開墾と言っても山葵田状態が最高なのかも!
出来たら最高に楽しいはず。

DSC05981 (1)

DSC05982 (1)

DSC05984 (1)

DSC05985 (1)

DSC05986 (1)

DSC05991 (1)

DSC05992 (1)

人が変われば あっという間に変われるはず

と思わずにはいられない内容でした。



まだまだ データがなさすぎる
から みんなで作っていけばいいじゃん!
水温的に全国ってのは無理があると思う。
でも試してみる価値は十分ある。

データがないから無理にきまってるじゃん! っていう人は
結局何にでも文句言う人だから どうせやらないんだから
ほっとけばいいの。

これは 試すしかないよね~^^
場所 どーしよー(笑)




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

販売サイト

http://letiroir22.com/


商品に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 パラダイス酵母
 2020年02月14日 (金) 11:51:55

先日 友人にパラダイス酵母を分けてもらったの

福島の安斎果樹園さんのりんごから作ったシードルの中で天然発酵したもの
→りんごジュースをかけつぎながら

⇒「不老不死」の菌と言われる、バシラスFという枯草菌の一種【乳酸菌や納豆菌などの祖先】
を加え 研究者経由で

➡杉山開知さん から巡り巡って

譲っていただきました~

増やし方は頂いた酵母液を少しペットボトルに入れて、なるべく果汁100%のりんごジュースを足すだけ
夏なら半日くらい 冬で2日くらい
糖分を餌に発酵してきます。

あっという間にペットボトルがシュワシュワでパンパンになってきます^^

発酵後は冷蔵庫に入れると発酵の速度がゆっくりになり 1ヶ月 保存できるそうです。
美味しい炭酸りんごジュース

長期で保存しちゃった場合は、
炭酸を餌に発酵【りんご酒】になり、その後は アルコールを餌に発酵【りんご酢】

※りんご酢になっても、またりんごジュースを追加すれば元に戻ると言うスグレモノ

※この酵母をベースに天然発酵のパンの酵母にも育てる事も出来るらしい!!!すげえ


なにより シュワシュワのりんごジュースが 美味しいのです。
いろんなりんごジュース買ってきて増やしながら試してみたのですが
私は どこのスーパーにでも売ってるクリアな濃縮還元の100%りんごジュースで十分だという結論に。
スッキリ 炭酸も強く感じて飲みやすい。
ただ 増やすために保存している分は
アオレンの 【希望の雫】 使ってますけどね。

ウイルスの打ち勝つのもまずは 自分自身の免疫力を上げることが一番だと
思ってるので 発酵食品で腸内環境整えて
売り切れ続出の使い捨てマスクにはしるのではなく
乾燥を防ぐ為に 布製のマスクで十分だと 思ってます。
ティーツリーやペパーミントの精油を合わせればなおさら

そんで 先日 自作マスクの型紙おこして
十数年寝かしまくった超がつくほど肌触りの良い
ベビー用のガーゼケット作ってた残り生地が出てきたので
それでマスク作り 親しい方にお配りしてました。
(つまり中2の娘が赤ちゃんの時に購入した生地ですわ!物持ち良すぎです(笑))

あと数枚残ってますよ。
欲しい方 ご連絡頂ければ^^v





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

販売サイト

http://letiroir22.com/


商品に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


 予報通り
 2020年01月28日 (火) 12:03:18

めちゃ積もってま~す

IMG_0364.jpg

IMG_0365.jpg

IMG_0366.jpg

この人が遊んでる間 こちらは ずっと 雪かきですが
やーめた(笑)
2、3日引きこもります。

IMG_0371.jpg

IMG_0374.jpg




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

販売サイト

http://letiroir22.com/


商品に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


copyright © 2007 + Le tiRoir +. All Rights Reserved.