FC2ブログ


+ Le tiRoir +

ケイ素(テラヘルツ)商品やハンドメイドのお品物を扱っています  手作りのお洋服や小物たち・・・。ショップと日々の雑記帳
 映画 『新聞記者』
 2019年07月06日 (土) 12:41:24

ここ山梨では上映してる映画館がないので
先日横浜に戻ってる間に観てきました。公開2日目?

観に行く人が一人でも多ければ
それだけ圧力かかって上映中止になんてなることもないだろうし。。。

率直に この映画を上映するにあたって
大変な苦労があっただろうな! と感じた
今でも相当な圧力がかけられているだろうと

フィクションにしてはいるけど
述べられていることは
ほぼ事実だろうし
以前から”そうであろう” と感じていることなので
それほどの驚きはないのだけど

どちらを肯定するでも否定するでもなく
(もちろん今の世の中にNOの立場であることは間違いないけど)

一番感じたのは

結局みんな 自分と家族を守ることに必死なんだな!

ということ。

子供の頃から
親を喜ばせたくて
信頼を得たくて
必死で頑張って生きてきて
学力もトップクラスで
世の中の役に立とうと官僚になって
家族も出来て
自分が家族を守っていこう!と心に決めて

でも ついていかなきゃいけない自分の上司が

間違った方向に導いていたら・・・。


果たして 今までやってきたことを全否定される状態になるのがわかっていて
どれだけの人が
自分の正しいと思う道を貫けるのだろうか。

自分が自分の考えを曲げて 家族を守ろうとすることを
どこまで非難できるのだろうか。
本当にそれは間違いだ!といえるのだろうか。
非難する人は 自分にはできるのだろうか。

結局
 
すべての分野 上に立つ人間が
間違った方向に進めば
その方向にしか進まない

トップが自分の地位や名誉などでなく
すべての 地球上 あらゆるもののために良い方法は何なのか?

を考えて進めることが出来れば
平和の為に舵を切れば

あっという間に世の中は変われるということ

だわな。


地球にやさしい 自然と共に生きる道を探したい
と思う気持ちは 変わらない

そういう考えの人が一人でも増えてくれればなぁ
と思う気持ちも 変わらない

けど、

やっぱりさ、 トップに立つ人間が変わるのが
一番早いんだよ!

だって 頑張ってきたひとたち(官僚とかさ)は
上に立つ人の指示を守るのが上手なんだもん。

今までと180度目指すものが変わっても
きっとうまく処理してくれるよね。

だから 選挙に行こう!

日本を変えよう

世界を変えよう

平和な世界を子供たちに残そう!

そして 個々でも変わっていこう!




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

販売サイト

http://letiroir22.com/


商品に関するお問い合わせはこちらから

お問い合わせ



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

つぶやき・お知らせ | TB(-) | CM : 0 | 

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

copyright © 2007 + Le tiRoir +. All Rights Reserved.