+ Le tiRoir +

ケイ素(テラヘルツ)商品やハンドメイドのお品物を扱っています  手作りのお洋服や小物たち・・・。ショップと日々の雑記帳
 地震
 2011年03月13日 (日) 12:05:08


3.11 朝からyu*が頭とお腹が痛い・・・
今日はフラメンコの日
お休みしないとダメかなぁ? なんて考えながら
「幼稚園お休みして病院いく?」と聞くと
「あと少しだから頑張って行くから帰って来たら病院連れてって!」
と言うので7:30の予約開始を狙って携帯予約。
午後一番の15:00に予約が取れたので
お迎え後お着替えさせて休ませていると、ヨーグルトとゼリーが食べたい。
予約時間も迫っているし具合も良くないので
2人を家でお留守番させ、走ってお買いものへ。

14:40 出かけるから準備して!と食糧を冷蔵庫に入れながら
子供たちを急がせ 地下駐車場へ。
後部座席にのせイスを倒しシートベルトを締め(キツい子と眠い子だったため特に)
車に乗り込みエンジンをかけると

なんだか様子が変。タイヤパンクしてる???

違う

地震?

ここ地下だし絶対危ない!

と一度目の揺れが治まった時急いで建物の外まで移動。
今まで感じたことのないほどの揺れ

このまま病院に行くか部屋に戻るか悩む。
部屋の中には目の見えないシンがひとりで待ってる。
でもお腹痛い娘と眠い息子を抱えてエレベーターの止まっている部屋まで戻るのは無理。

結果病院まで車を走らせる。
移動中息子は熟睡。幸い待合い室から見える一番近い駐車場が空いていて
車に息子を残し受付へ。
すぐに診てもらえたので車で寝かせたまま診察を受ける。
幸いなことにこの間余震は無し。

薬局に処方箋を出し車で待つことを伝え、
一番安全と思われるところに車を移動し車内待機
その間は余震が続く。
揺れの為はかりが落ち着かず時間がかかりました。との報告を受けながら
お薬をもらい帰宅。
途中、信号もお店も停電している。

娘に
「電気消えてるから1階までは真っ暗な階段を登らなきゃいけないけどがんばってね!」
 と車の中で話しながら家に戻ると
あれ? 駐車場電気点いてる!

ちょうど息子も一時間のお昼寝から目覚めしっかり手をつなぎ階段を上る。
「お家の中がどうなってるか分からないから靴を履いたまま玄関で待っててね!」
と伝え玄関を開けるが、
あれ? 何も問題ない??
シンはちょっと怯えてる・・・
写真立ても倒れてない。
被害・・・コップがひとつ割れてる。

安堵と驚き。



後に分かったこと
近隣は夜10:00まで停電 ガスも止まっていた?

我が家は くの字 型のマンション東向きですが
南向き側のお宅の方が揺れがひどく鏡やガラスが割れたらしい。



主人は駐車場が崩れ車が下敷きになっている と報道されていたコストコのすぐそばで
仕事をしていたらしく とんでもないことになった と
携帯や家に連絡を続けたらしいが繋がらない。
こちらからのメールが届いたあとようやく電話がつながった。
余震の続く中夜まで仕事を続け車で5時間かけて会社まで戻り
夜中に運転を再開した電車で帰宅。



子供たちがひどく恐怖を感じることもなく
いつもと同じ時を過ごせたことに感謝します

被害にあわれた方に心よりお悔やみ申し上げます
少しでも早く救助の手が差し伸べられますように。



 COMMENT

.*. .*.  .*. .*.   by  まちるだ
無事でよかったあ!!
ことしの誕生日は一生忘れられない日になりました。

被災者のみなさまに1日も早く安らかな日々が戻りますように。
2011.03.16 (20:54) * URL [EDIT]

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

copyright © 2007 + Le tiRoir +. All Rights Reserved.
  まとめ