+ Le tiRoir +

ケイ素(テラヘルツ)商品やハンドメイドのお品物を扱っています  手作りのお洋服や小物たち・・・。ショップと日々の雑記帳
 ノースリーブワンピースの作り方
 2006年11月08日 (水) 17:44:00


ちょっとしたコツをつかめば上手に作れるワンピース。
なんにでもあわせやすく年中着れて重宝するデザインです。

onetxt01.jpg

着丈42cm 身幅28cmの80サイズ
ピンタック前オープンのワンピースの作り方を紹介します。
あくまでも yukka仕様ですのでもちろん他にも作り方はいろいろあると思いますが、
私がやりやすいと思った方法です。


***** 2009/10/1 再編集しています。 *****
過去の写真と今回撮り直したものが混在しています。
ご了承くださいませ

・・・検索サイトからいらした方へ・・・
はじめまして。ご覧いただきありがとうございます
是非トップページもご確認くださいね。
http://snow44.blog82.fc2.com/
yukka
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*


それでは 始めましょう

PDFパターンダウンロード


用意するもの
表生地 生地幅110程度 x 50cm
バイアステープ 約80cm
(市販のものを使う場合は9mmか11mmのものが使いやすいと思います)
 接着芯 8cm x 40cm
 ボタン 10~12mmくらいのもの 4個
その他 糸 針 はさみ チャコペン などお裁縫道具・・・。

ボタンの代わりにアメリカンスナップでも可愛いですよ。
(今回はスナップを使用しました。 izm さんで可愛いもの沢山扱っていますよ)

秋冬にはコーデュロイや薄手のデニムなどで作ると
あわせやすく可愛く仕上がると思います
まだ80サイズでは大きすぎて来年の春夏用にとお考えなら
ギンガムチェックやコットンダンガリーなどではいかがかしら?
お手ごろ価格で縫いやすい生地です。


基本的には生地は縦方向に使いますが
デザインによってわざと横やバイアスに使うこともあります。
バイアスに生地を裁つとかなり伸びますので縫製がちょこっと難しくなります
コーデュロイを使う場合は生地に天地がありますので確認してください。
 詳しくは私のお洋服作りに載せています。

型紙を生地にのせてあわせていきますが、チャコペンを使われる方は中表に、
チャコペーパーとルレットを使われる方は外表にすると良いと思います。

チェックなどのはっきりした柄を使う時
私はきっちりシンメトリーになっているほうが好きなので
柄の中心で二つ折りにしています。
ずれていても横のラインが合っていればおかしくは無いですけどね。


◆◇◆ では作り方です ◆◇◆

今回はチャコペーパーとルレットを使用しているので外表に半分に折ります
onetxt03.jpg

パターンに縫い代を含んでいますので
パターンに合わせて生地をカットしていきます
(生地幅92cmで柄に上下がなければ前身頃を裏返し逆さに配してもOKです)
後ろ身頃は ”わ” です。 くれぐれも切り離さないように・・・

片面チャコを使う場合は外表に2つ折りにし生地の間に挟み込みます
すべてにラインを引く必要はありません。
onetxt04.jpg

前身頃に接着芯を貼っていきます。
こちらでは3cm幅のフューズラインテープの縫い代分を片側切り落として
使用していますが4cm幅に切った薄手の接着芯でかまいません
onetxt26.jpg

ピンタックは水で消えるチャコペンなどで生地表に止めの印を付けます。
onetxt27.jpg

アイロンでしっかり折り目をつけておきます
onetxt05.jpg


さあ!いよいよミシンの登場。
本縫いとジグザグを使う方が多いと思うのでそちらの方法で
裾は3つ折り スナップボタンで仕上げました。
*** 特にチェックしたいところは写真に水色で書き込んでみました ***


◆ 手順 ◆

①前身頃のピンタック 後ろ身頃のタックを縫う
②前身ごろ首カーブ確認用の型紙をあてながら表に出来上がりラインを引く
③肩を中表に縫い合わせる。(折伏せ縫い)
④襟ぐりのバイアス処理
⑤袖ぐりのバイアス処理
⑥脇を中表に縫い合わせる
  +⑥裾をジグザクミシンで処理する時はここで・・・。(3つ折で縫う場合は必要なし)
⑦前身ごろの見返しの裾のところを処理する
⑧裾を縫い上げる
⑨見返しに押さえミシンをかける
⑩ボタンホールとボタンをつけて出来上がり。

タグなどをつけたい時は②と③の間につけるのが1番楽ですが
このデザインでは縫い上がってバランスをみながらでも可能です。

順番がわかったところで さあ はじめましょ♪
まずはピンタック!
とにかく折り曲げた端(わ)から5mmのところをまっすぐ縫います。
縫い始めはそのまま、止めはしっかり返し縫します。
ピンタックの止め位置の糸の切り方ですが、表になる(倒した上の部分)を先に切って
ちょっと引っ張りながら反対側を切ると綺麗になると思いますので試してみてくださいね)
★縫い始めはかなり余分に取っているので返し縫しなくても大丈夫です。
ピンタックを縫う時は必ず片方は返し縫をせず、そのままにしておきます。
縫い終わったら指でしごいて よれ を取ります。
このとき返し縫をしていないので糸が少しずれて綺麗に収まってくれます。
全部で6本のピンタック。がんばりましょう。
op-02.jpg

②縫い終わったらアイロンで綺麗に整え、首まわりのカーブ確認用の型紙に合わせ
出来上がり線を引きます。
首まわりの出来上がり線よりも外側に仮押さえのミシンをかけます。
ピンタックを倒す方向に逆らわずに縫ったほうがよいでしょう
op-03.jpg

後身ごろのタックの入れ方・・・
まず中表に半分に折り型紙のとおり(布中心から1.5cmのところを)縫います。
縫って輪になったところを両側に開くようにつぶしてアイロンで押さえ
出来上がり線よりも縫い代側に押さえミシンをかけておくとバイアス処理が楽になります。
onetxt07.jpg

③次に肩。まず出来上がり線にあわせて中表に縫います。
折伏せ縫いは後ろ身ごろの縫い代を半分切り落とします。
前身頃の縫い代で後ろ身頃の縫い代を包むようにして端ミシンをかけます。
op-04.jpg

op-05.jpg

④見返し部分を外に折り返してその上にバイアステープを重ねてまち針で止めていきます。
直接縫うのが不安な場合はしつけをしましょう
市販のテープで幅が広いものを使用するときはアイロンで一度広げてしまって
2つ折りにして2cm幅にカットして使うとよいでしょう
バイアステープをあわせていくとき出来上がり線というよりも
バイアステープの端(”わ”の方)が生地から浮かないようにあわせていくと良いです。
出来上がり線を確認しながらテープを押さえていきます。
生地が余分にとってあるのでやりやすいと思いますが
ピンタックが逆に倒れてないかも確認してください
op-06.jpg

縫い始めと縫い終わりはしっかり返し縫してあとはとにかく同じ幅で縫います。
カーブのまま縫うのではなく引っ張ってまっすぐにしながら縫うと上手くいくと思います。
低速でがんばりましょう
縫い代を5mmほど残して綺麗に切りそろえます。
カーブに切り込みを入れて行きます。このとき縫った糸を切らないように・・・。
裏に返して形を整えます。前立ての角もきちんと出しましょう。
ミシンをかける前にアイロンでしっかり押さえておくのがポイントです。
(袖ぐりと同時進行でも大丈夫です。)
op-07.jpg

ぐるりとミシンをかけます。縫い始め 止めはしっかりと返し縫いで
op-08.jpg

⑥脇を出来上がり線で縫ったら縫い代を8mmほど残して切りそろえてから
ジグザグミシンをかけます。(ジグザグをかける直前に布をカットするのがポイントです)
op-09.jpg

袖ぐりの下を押さえますが、縫いにくい時は手縫いでもかまいませんので
止めたほうがごろつかず綺麗です。縫い代は後ろ側に倒します。

⑦裾の始末ですが、見返し部分をよれがでないようにきっちりと表側に折り曲げ
その部分だけを出来上がり線に沿って縫います。
無駄な部分を切り落として(ここポイントです)裏に返して裾を3つ折縫いします。
onetxt11.jpg
見返しと裾は続けて縫うことも出来ますが、アイロンで押さえてからしわにならないように
別々に縫ったほうが綺麗に出来ると思います。


あと一息!!! ボタンホールとボタンをつけて出来上がりです。(今回はスナップです。)
onetxt02.jpg

どうでしょう? 思い通りに出来上がりましたか?
op-12.jpg




裾にフリルをつけたり、色々とアレンジできると思います
最後までありがとうございました。






グループ講習などご希望がございましたらお気軽にお問い合わせくださいね
3名様以上で開催できます。

handworks に関する情報は こちら からどうぞ♪



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お問い合わせフォーム
またはお電話にてお問い合わせください
Tel  070-1302-2204

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





「いいね!」お願いしま~す
facebook.com/letiroir2



ランキングに参加しています。 1日1ポチでポイントが入ります

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

制作の励みになります ↑ポチっとお願いしま~す♪




作り方&レシピ公開 | TB(-) | CM(-) | 

copyright © 2007 + Le tiRoir +. All Rights Reserved.
  まとめ