+ Le tiRoir +

ケイ素(テラヘルツ)商品やハンドメイドのお品物を扱っています  手作りのお洋服や小物たち・・・。ショップと日々の雑記帳
 大好きだったペットたち?
 2007年04月05日 (木) 09:52:27

小学2年生の時 我が家に加わった一匹の柴犬

姉の同級生のお父さんが柴犬のブリーダーをしていて
雨に濡れちゃって耳の毛がはげちゃったので売り物にならない!
(もちろん毛は後から生えそろいましたよ♪)
というので我が家にやってきた子犬。

またしても名付け親は父
その当時 父が読んでいた

犬になりたくなかった犬 ファーレイ・モウワット著 
という本に出てくる 『マット』という犬

この本かなり面白いので今でも図書館には置いてあるかもしれません

(私も一昨年 急に読み返したくなって横浜市立図書館で借りました。)


つまり我が家の犬も マット になってしまいました。
犬のしつけなど子供にはまったく縁のないもの
父のやっていることは正しいんだと信じていたあの頃。

今になってみるととんでもないことを していたのだなぁ
と笑ってしまいます。

一番の失敗は 名前。 犬になりたくなかった犬から取ったんですよ!
犬らしく育つはずがないし・・・。(笑)

怒るときに マット!!!! って名前で怒鳴っていたこと。
もしもこれから犬を飼おうと思っている方がいらしたら
これだけは絶対駄目ですよ!!

名前を呼ばれる = 怒られる ですもん 

呼んで喜んで来るわけがありません^^;;


柴犬の子犬ほど子犬らしくてぬいぐるみのように可愛いのは
いないんじゃないかしら?と今でも思います。
確かに子犬はどれも可愛いんです。
でも柴の子犬は別格なんです。
(シンディごめんね。おまえも可愛かったよ。)

もともと犬を欲しがったのは姉だったような気がしているんですが
姉がマットを可愛がっていたという記憶がほとんどありません。
最近になって本人に尋ねても

 ”うん 可愛がってない^^;;”

って言ってました。私愛情足らんのかも。。。と

と言うことで毎日のお世話は 母と私と休日は父 ということに。

後になって知ったのですが弟は アレルギーがあったらしく
犬に舐められると赤いぶつぶつが出来ていたらしいのです。
(幸いにもマットは舐める子ではありませんでした。)

犬は外で飼うものだと思っていた当時
庭の犬小屋につながれ一日中外にいればそりゃ汚れます。

でもマットのシャンプー 私以外の誰かがやったことなんて
ホントに数えるくらいしかないんじゃないかしら?
私が水着を着て一緒に泡だらけになるのがお決まりでした。
そう 彼女は大の水嫌いだったのです。

でも私の時はいい子にしていてくれました。
洗うまでは・・・。
シャワーで流されるのがキライで毎回大騒ぎ。
よく泡あわのまま庭を走り回っていました(笑)

大好きなおやつは てんぷら
(って九州ではてんぷらと言えば 丸天 です 練り物を揚げたもの)
あとは 棒付のアイスクリーム
しっかり両手で棒を持って舐めてました



マットは自分よりも大きなオスが大好きでした。
秋田犬に土佐犬 洋犬は苦手だったように思います。

まだ柴犬が少なかった当時マットは近所でも有名だったので
脱走して お気に入りのオスのところに出かけて行っても

マットが 誰々さんの家にいたよ!

と知らせてくれる いい時代でした

そう マットは 絶対に吠えない 噛まない 飛びつかない
誰からも好かれる子だったのです
人に対しては。。。

キライな犬・ねこ に対しては 大喧嘩する 無視する うなる
の繰り返しでしたが・・・。

マットとの散歩では色々なことがありました。

あるときいつもの散歩道 
普通に歩いていた時にいきなり キャイ~ン!!!
といって飛び上がり足を気にして歩かなくなり
心配して見てみると
しっかり みっつの穴が・・・。
なんと蛇に噛まれていたのです。

家に連れ帰り母に知らせましたが
その間に しっかり自分で毛を抜いて毒を吸い出していたのです。

その後病院に連れて行きましたが、 毒も抜けているので大丈夫でしょう
とのこと。
野生の力なんでしょうか?驚きでした。


つづく・・・





        
a-sb008.gif

                ランキングに参加しています。
        人気 blog ranking  fc2 blog ranking
                ぽちっとありがとうございます
                 励みになります (*^-^*)

* memory * | TB : 0 | CM : 0 | 

 COMMENT

 COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示

 Trackback

  ♪ この記事のURL
   http://snow44.blog82.fc2.com/tb.php/73-08d9046b


copyright © 2007 + Le tiRoir +. All Rights Reserved.
  まとめ